飲みやすい青汁とは

青汁といえば、とにかく苦くてまずくて飲みにくい…というイメージを持っている方も多いはず。 特に、野菜が苦手な方の場合、青汁を買ったとしても続けていくことができるのか不安という方もいるでしょう。

実際に、子どもの野菜不足解消のために青汁を購入したものの、美味しくなくて子どもが全然飲んでくれなかったという経験をしたことがある方もいるようです。

そういった場合には、原材料をチェックしてみましょう。 青汁の一般的な原材料といえば、一昔はケールが主流でした。 ですが、ケールは非常に苦味が強く、かなり青汁に慣れている方でなければゴクゴク飲むことはできません。

ケールといえば、栄養素が非常に豊富であるということが魅力なのですが、継続できなければ意味がないわけなので野菜が苦手、苦いものが苦手という場合にはケールを主原料とする青汁は避けておいた方が良いでしょう。

反対に飲みやすいとされている主原料が大麦若葉やアシタバを使ったものです。 他には、桑の葉を使った青汁も人気があるので、こういったものもチェックしてみると良いでしょう。

青汁の効果は飲み続けなければなかなか実感できないということもあり、近年はメーカー側も飲みやすさや続けやすさにこだわって商品開発を行っているようです。

何年も昔に青汁に挑戦したことがあるものの、まずくて飲めなかったという方も現在発売されている青汁であれば無理なく摂り入れていくことができる可能性が高いですね。

栄養素にこだわって青汁を選ぶということになるとどうしてもケールが有力になってくるのですが、飲みやすさにこだわる場合にはケール以外を選択しておいた方が良いでしょう。

他にも飲みやすさをアップするためにはちみつが加えられていたり、子どもでも飲みやすい味つけにされているものもあるため、そういったものをチェックしてみるのがおすすめです。

また、タブレットタイプのものはそれほど味を気にする必要がないので、どうしても粉末タイプや冷凍タイプのものが苦手という方はタブレットタイプも検討してみましょう。

ページの先頭へ