看護師の知人の紹介で転職する場合の注意点

看護師の知人の紹介で転職する場合の注意点

転職を考えている方は、求人情報をチェックすることになると思いますが、求人雑誌などを見たり、新聞の折込チラシなどを見る人が多いでしょう。

最近ですとネットで情報探しをする人も多いかもしれませんね。たくさんの情報を検索することができますから、その中で希望条件と一致する仕事先を選べば良いわけです。

でもこうした一般的に出回っている情報を見ただけでは、内部の事情までは分かりません。求人広告に、職場の雰囲気が良いですよ、などと書かれていても本当のところは外部の人間からは確かめようがないわけです。

看護師の場合は人間関係が複雑になりやすく、職場の雰囲気が合わないために転職をする人も多いので、内部事情をよく知っておくことは大切です。そんな時頼りになるのが、事情をよく知る人です。

友達や、以前に仕事上のつながりがあった人から誘いを受けて転職をするというケースがあります。このような場合は、転職先の様子を事前に詳しく聞くことができますから、転職も失敗しにくくなるでしょう。

採用試験を受けたり、新しい職場になじんでいくことはとても緊張するものですから、知人がいると精神的にもかなり楽です。

ただ、知っている人から紹介を受けた時に注意すべき点もあります。例えば紹介された職場が自分には合わないなと感じたら、丁重に断ることが大切です。

今後もその知人との付き合いは続くわけですから、断るのは気まずいかもしれませんが、事情を率直に話して誠実に対応すれば大丈夫でしょう。

またその職場に採用が決まった場合でも、決して気を抜いてはいけません。新しい職場に自分が後から入っていくわけですから、職場のしきたりに従って、周りの人ともうまくやっていく必要があります。

紹介の場合は転職活動が楽に進むというメリットがありますが、そこに安心しきって職場で気をゆるめないように気を付けましょう。

紹介してくれた人の立場も考えて、人より一生懸命働くくらいの気持ちでいた方が良いかもしれません。