年齢が上がっても看護師の転職は可能?

年齢が上がっても看護師の転職は可能?

転職をする際、年齢が上がるとだんだん採用されにくくなるという話しを聞くことがあります。専門的な技術を持っていたり、資格を持っている人は強いと言われますが、それでも中高年になると転職は厳しいのが現実です。

看護師の場合はどうでしょうか。今は多くの病院が看護師不足の問題を抱えていますし、看護師がいないと病院の業務がうまく回っていきません。

ですからとにかく看護師を募集したいと切望する所が多いのです。そのため、年齢制限もせず、とにかく経験者を採用したいという病院がたくさんあります。

年齢不問とわざわざ書いてある求人情報も多いですから、看護師の資格を持っている人なら年齢を気にする必要はありません。病院で求められているのは、現場で即戦力となる看護師です。正社員となると少し幅は狭まるかもしれませんが、パートや派遣社員もあわせればかなり求人は多いでしょう。

看護師の仕事は人間関係が複雑になりがちです。日々患者さんやその家族と接することになりますし、看護師同士や、医師との関係もうまくやらなければなりません。他にも病院で働くいろいろなスタッフとの連携も大切です。

そして生命にかかわる重大な仕事をするわけですから、緊張感も並ならぬものがあるでしょう。次から次へと仕事におわれる状況が続き、退職してしまう看護師も大勢います。

ですから病院側も、次々に看護師を補充しなければならないのです。ですから、年齢が上がっていたり、ブランクが長い看護師でも働くチャンスは大いにあります。

他の職業とは事情が違いますので、一般的な説を信じてしまい転職に二の足を踏むのはもったいないです。看護師の資格を持っていてもまったく経験のない人や、あまりに転職回数が多い人は難しいかもしれませんが、そうでなければ転職は十分可能です。

またある程度の年齢になると、一般の企業なら多少の不満があっても現在の職場で働くしか選択肢がないという人が多数派です。でも看護師の場合は、より良い職場を求めて転職するという道が開かれているのです。