小児科で働きたい透析看護師の方へ

小児科で働きたい透析看護師の方へ

看護師が働く場所というと病院を思い浮かべる人が多いと思いますが、病院といってもいろいろな種類がありますし、診療科も様々です。
男性の准看護師、仕事が続かないと思ったら・・・

看護師になる方は人のお世話をするのが好きという方が多いでしょうが、中でもとくに子供が好きという人は、小児科で働きたいと思うかもしれません。看護師になる時に小児科で働くことを夢見ていた人もいるでしょう。

でも実際には、小児科勤務の看護師には実務経験を求められることが多く、希望しても勤務できないことがあります。

子供というのは大人が予期せぬ動きをすることがありますし、自分の感情のままに行動することもあるので、対応が難しいのです。

子供が好きだというだけでは小児科の看護師は務まらないので、希望が叶わずにガッカリする方もいるかもしれません。

小児科勤務の看護師は、病気に対する知識のほかに、子供に対応できるだけのスキルも必要となるため、給与が他の診療科と比べて高い傾向があります。

小児科は希望する看護師が多く、転職の際も競争率が高いのです。転職して小児科で働こうと思っても、なかなか採用してくれる病院が見つからないかもしれません。

個人で転職活動をすることが難しいと感じたら、看護師転職サイトを利用すると良いでしょう。

求人件数がとても豊富ですし、各自の希望を聞いたうえで転職先を紹介してくれます。ですから小児科で働きたいなら、転職サイトを利用することが希望を叶える近道といえるでしょう。

最近の傾向として、小児科自体が減ってきているという事実があります。昔と比べると子供の数が減少しているのは確かですが、それでも子供がいる家庭は必ず小児科を必要としますから、ニーズはあるのです。

でも病院側の事情として、あまり儲からないのが実態なので、小児科が減ってしまいつつあります。

ただでさえ子供は大人の患者と違って手がかかりますから、診察が大変なのです。小児科が少ない現在、小児科で働こうと思っても、職場そのものが以前と比べて少ないのが現状です。

子供が好きだからといって小児科で働けるとは限らないことを頭に入れておくようにしましょう。

看護士の仕事がきつい理由

看護士の仕事はかなりきついことで有名です。 看護士の離職率はほかの業種と比べても高くなかなか人が定着しなくて人手が慢性的に不足しています。どうしてここまできついのでしょうか? この件について紹介いたします。

1 とにかく仕事が激務で肉体的にきつい

看護士の仕事は圧倒的に仕事がきつく、肉体も精神もやられてしまいます。しっかりとした体調管理を求められますので、職責が大きいです。

それから、患者を抱き上げるなどの肉体的な労働もあり、シフト制で勤務時間もバラバラなので、生活リズムが安定しないことから体調を崩す方も珍しくありません。

そこに慢性的な人手不足が加わると、かなり仕事量がかなり大きくなるのでより過酷になります。さらには、研修などで拘束時間がさらに伸びるケースもあり、看護師にかかる負担はより大きくなります。

看護士は毎年10万人規模で離職していくといわれているくらいで、すべての人が激務でやめていくというわけでなくても、かなりの人数が辞めていく現実が激務を表しているのではないかと思います。

2 勤務時間の影響でプライベートが制限される

また、看護師は勤務時間の影響でプライベートの行動も制限されやすい面があります。看護士という職業はシフトによって日勤だったり夜勤だったりと変動しますが、こういった時間のばらつきはプライベートでも予定が組みにくいというデメリットがあります。

人と会うのにもなかなか時間が合わなかったり、ものを買いに行くにもお店が閉まっていたりと、なかなか自身の予定と会わないようなことが多いです。

婚期が遅れたりするといった話は昔からありますが、看護師の仕事がきついのはこういった側面もあるのです。

3 激務以外にも厳しい話がある

激しい仕事量だけではなく、院内での人間関係も厳しいという現実があります。近年では、医師や患者などからのセクハラやパワハラといった事例も報告されており、そういった状況がより精神的に追い詰められやすくなっているケースがあります。

その他にも、患者の死を看取ることや、し尿の処理など、精神的に負担が大きい仕事をしないといけませんので、精神も肉体も疲弊しやすい職場なのです。

看護師の転職をうまくいかせる手段について

看護師の職場環境は決していいと言う訳ではありません。なかなか厳しい労働環境ですので、転職をしてもなかなかいい環境の職場を探すのは難しい面もあるでしょう。

ですが、少しでも良い環境で働くための方法もない訳ではありません。いい職場環境というのも探してみると十分あります。では、どんな風に探せばいいのでしょうか?

1 転職エージェントを利用してみる

いい職場を探すためには転職エージェントを利用すると良いでしょう。通常の転職求人サイトでは、一定の情報は記載されていますが、なかなか職場の内部のことまではわかりません。

そういった状況の中で一人で情報を探すとなると、相手の職場環境を見抜くことが難しいので、いい職場に巡り合うことも難しくなります。

ですが、転職エージェントは専門的な情報をもっていますから、その人個人に合った職場を提供しやすい面がありますので、転職への不安の払しょくをサポートしてもらいながら、いい仕事に出会える可能性が高くなります。

また、色々な分野に特化しているエージェントがいますから、複数の会社にエージェントの依頼をしてみると、比較ができるためよりいい環境の職場を選びやすくなります。

2 できれば、職場の雰囲気を見てみる

また、転職の際には一度どんな職場かを見てみるといいでしょう。実際にどんな側場であるのかというのはやはり見てみないとわからないケースが多いです。

働いている人の表情や態度、院内にいる患者の反応などをよく見ておけばどのような環境であるのかというのが分かりやすいでしょう。ですので、できることなら転職先の人たちの様子をしっかりと見ておけるようにした方がいいでしょう。

できる限り、情報をもっている人たちの情報を手に入れながら、自分の目で実際に環境を見て判断していくことが、看護師の転職の際に失敗しにくくなるための秘訣だと思います。